すべてが血となり肉となる

教養課程を終え、3年生からゼミがはじまるがごとく、 私がお世話になっている鎌倉薬膳アカデミーにも 中医薬膳営養師コースを卒業したのちに進む、 弁証マスターコースというものがあります。

料理を食べていただきたい方を想定し、 体調、体質、あらゆることから その方に合う食材を選び、 メニューを考え、さらにチームで相談。 決まり次第、買い出しに走ります。 時間制限の中、せっかく用意した食材を入れ忘れるという、あーたいったいどういうつもりなのかしら事件を起こしながらも、なんとか完成。 試食の後には、各々の料理についての発表をし、それに対して山内先生からの改善点や注意点を話していただきます。 このすべてが身体の真ん中にドンズバなことばかり。

学んで作って、食べてまた学ぶ。 すべてが血となり肉となる。 そんな1日でした。

参加人数を調整するために、複数日の開催にし、 窓を開け、アクリルボードを立てと どんどん工夫をしながら進み続ける我が母校。 最高です。 https://kamakurayakuzen-academy.jp

写真撮影は我らが高尾先生


閲覧数:0回0件のコメント